About Candle Top > キャンドルの種類

ティーライト

ティーライト

解説

ティーライトは大きく分けると2種類あります。
アロマポット、ウォーマー用の小さい炎に設計されたアルミケース入りティーライトと、通常のキャンドルホルダーに使用するポリカーボネート製のクリアカップ入りティーライトです。

共通して小さな器に入り、燃焼は4時間〜8時間が一般的ですが、サイズが小さいため、普段使用から演出用まで手軽に多く使用出来、また一度に沢山の演出もできるからこそ、室内環境に配慮したワックス(ブレンド)を選び、使用することを推奨します。

制作での注意点では、芯は、座金を付けた状態でワックスコーティングをしますが、座金の底面は平らであることを確認し、平らでない場合は、ニッパーなどで歪みを直します。また、芯は必ずカップの中心に、垂直に立てた状態で固めます。

当サイトでは、ポリカーボネート製のクリアカップを販売しています。

Copyright (C) Michiko Sasamoto. All Rights Reserved.