About Candle Top > 材料と炎の大きさの実験

芯の太さだけを変えた実験

実験内容

芯の太さだけを変えたキャンドル

それぞれ、芯(木綿100%)の太さだけを変えたキャンドルで、炎の様子を観察します。
写真に向かって、右方向へ行くほど、太い芯を使用しています。
キャンドルの直径と材料(パラフィンと染料のみ)は全て共通です。

15分経過したキャンドル

火を灯して15分程※1経過した時の様子です。

左側(細い芯)
ロウを吸い上げる力が弱まるため、消えそうな程炎は小さいです。
また炎が小さいため、ロウ溜まりが広がらず、ロウ壁も厚くなりやすい傾向です。
室内で灯す場合は右から2番目、屋外で灯す場合は真中の炎が適した大きさです。
右側(太い芯)
ロウを吸い上げる量が多いため炎も大きく、風がなくても煤が出そうな大きさです。
また炎が大きいため、その熱によってロウも早く溶け、ロウ溜まりの広がり方も早くなります。(=ロウ壁が薄くなりやすい傾向)

※1
キャンドルは点火して15分程経過するとそのキャンドルの持つ本来の大きさになりますが、時間の経過と共に炎の様子は変化していきます。それは、炎の熱によって出来るロウ溜まりのロウの量やキャンドルのデザインによって大きく左右されます。

照明を消した様子

室内の照明を消して、キャンドルの様子を観察します。

左側(細い芯)
周辺だけでなくキャンドル本体も暗く、その存在感の弱さから、灯していることをうっかり忘れがちで、消し忘れの心配もあります。
また長時間の燃焼でも、ロウ壁が厚いまま炎が深く下がる傾向になり、燃焼寿命が短く燃焼効率も低くなります。
右側(太い芯)
キャンドルの周辺を明るくし、また染料を使用しているためキャンドル本体へも明るさが広がります。
また炎がキャンドルの直径に対して大き過ぎると、長く灯す過程でロウ壁がない状態、あるいはロウ壁を溶かしロウが流れ続ける状態、キャンドル本体の変形などの可能性がでてきます。

結論

芯の太さ選びは、炎の大きさを決定づけ、それに応じてキャンドル自体にあらゆる影響を与えることが推測されます。炎の大きさが違えば、燃焼時間や灯し方の注意点も変わり、逆に演出空間や灯すTPOに応じて調整が可能になります。

キャンドル作りでは、そのTPOを念頭に、デザイン(主に直径)や材料(添加剤/色素の種類、ワックスの添加剤の量)によって芯の太さを最終的に決定しますが、芯選びで炎の大きさに納得が得られなかった場合は、再びワックスブレンド率による調整などワックス材料に立ち返って、試作を繰り返すことが大切になります。

Copyright (C) Michiko Sasamoto. All Rights Reserved.