Online Shop > ステアリン酸(動物性)

ステアリン酸(動物性)

Stearic acid / Powder

ステアリン酸(動物性)
1 2 3 4 5 6
主に牛脂から製造され、融点60℃前後で溶けます。収縮率が低く亀裂や歪みが少なく(写真4,5,6参照)パラフィンを使用した場合、ステアリン酸を入れることで、パラフィンの気泡を除去し、白く不透明にします。ブレンドを増す程、サラサラとした粉末の質感になり、型離れは良くなりますが、その反面粘性が低く過度に添加するともろくなるため、キャンドルにした場合、凹凸のあるレリーフや細い形状のデザインでは、添加量を減らします。/日本産
※写真4,5,6は、ステアリン酸100%を常温冷却したものです。

【キャンドルでの炎の特徴】ブレンドした際の炎の傾向として、蝋溜まりが深く蝋壁が厚くなる、また炎は小さくなる傾向があります。そのため、燃焼部分の使用に於いては、ブレンド量を減らし燃焼性の優れたワックスの脇役にするか、芯を太くするなどの工夫をします。




金額には消費税8%が含まれています。
Copyright (C) Michiko Sasamoto. All Rights Reserved.