About Candle Top > キャンドルの種類

ランタン

ランタン

解説

中に芯やワックスが無い空洞化した器がランタンです。

中に小さなキャンドルを入れ替えて何度でも灯りを楽しむことから、制作する際は、ワックスは耐火性、耐久性のあるブレンドを心がけます。また、ランタン自体を末永く使用できるように、安定感のあるフォルム、厚みのある壁にし、無香料で制作することを薦めます。
ランタンが十分に広い直径であり、耐火性が高いワックスブレンドの場合は、外側の装飾に、押し花やペーパーアイテム、マスキングテープ、ドライフラワーなど可燃性素材を使用できますが、炎の熱によって上部(入口)が変形した際の装飾の崩れを考慮して、配置の中心は下方にします。

ランタンの制作では、パラフィン135°Fパラフィン155°Fパルバックスをブレンドします。

Copyright (C) Michiko Sasamoto. All Rights Reserved.