About Candle Top > 材料と炎の大きさの実験

大豆ワックスキャンドルに木芯の幅だけを変えた実験

実験内容

大豆ワックスの木芯の幅だけを変えたキャンドル

この実験では木芯の太さ(S=幅8mm、M=幅10mm、L=幅13mm、LL=幅20mm)を変えて炎の様子を観察します。
キャンドル本体のサイズは、直径67mm×高さ50mmです。
材料は、大豆ワックス(コンテナー用、融点48.9℃〜51.6℃)100%使用。
作成方法は、紙コップに直接流し入れ、常温で凝固。(作成時は12月上旬)

火を灯して5分経過した様子

点火5分後の様子です。
芯幅が広い程、点火に時間がかかりました。
まだ芯先が燃えているだけで(ワックスを吸い上げて燃えている様子はない)炎が小さいです。

火を灯して1時間経過した様子

点火1時間後の様子です。
S、Mは蝋溜まりが若干広がるも、炎がほとんど見えないほど小さい状態です。
LLは炎がキャンドルの直径に対して大き過ぎ、また一旦芯先を平らに切り揃える必要が。

火を灯して2時間経過した様子

点火2時間後の様子です。
S、Mは依然として炎が小さく、この先も炎の成長が望めない様子です。
Lの炎は一貫して安定した大きさであり、形状も整っています。
LLの芯先は切り揃えたものの炎の大きさは収まらず、炎の熱で蝋が溶け溢れそうな状態です。

火を灯して3時間経過した様子

点火3時間後の様子です。
LLはLの炎より2倍大きいことから、キャンドルの直径も2倍以上が適していると推測できます。

消火したキャンドル

点火3.5時間後に消火した様子です。
S、Mは、芯先が僅か3〜4mmしか出ていないことからも、蝋溜まりの量に対してワックスを吸い上げる力が弱いと分かります。
Lの蝋溜まりは60mmに広がり、大豆ワックス(コンテナー用)使用では、同直径(67mm)前後のコンテナー入り大豆ワックスキャンドル制作が適していると推測できます。

結論

芯を選ぶ最終的な決定要素は、キャンドルのワックスが、無駄なく炎の燃料として使われ、またキャンドルの本体と炎のサイズが合うことが大切です。さらにサイズが合うだけではなく、一定以上の大きさになることで、炎の存在感や魅力へと繋がります。


※この実験はあくまで大豆ワックス(コンテナー用)100%を使用したひとつの結果です。
 他のワックスでの使用では、またこのような試作テストをする必要があります。

Copyright (C) Michiko Sasamoto. All Rights Reserved.